本文へジャンプ
メニュー
トップページへ

色の変更
文字サイズの変更
ここから本文です
トップページ企業の魅力発信検索結果一覧 > 企業詳細情報

企業詳細情報

サンコー・エア・セルテック株式会社

サンコー・エア・セルテックは、1976年の創業以来、航空機の点検・整備や貨物業務などを通して日本の航空産業を支えてきました。十数年前、名古屋地区において航空機の製造事業に参入。今や日本の航空機産業に欠かせない存在となっています。

日本の航空機産業を支えるプロのモノづくり集団


航空機の心臓部である主翼やエンジンに同社の技術が生きる
 一般的に、航空機1機に使われる部品の総数は数百万点といわれます。しかも航空機の場合、そのすべてに超精密な加工精度と高い耐久性が求められます。そこで三菱重工業やボーイングなどの航空機メーカーは、高い技術力を持つ「ベンダー」と呼ばれる協力会社に製造の一部を委託し、すべての部品における高い品質を確保しています。そして日本を代表する航空機製造ベンダーの一つが、サンコー・エア・セルテックです。これまでに培った高い技術者の育成システムが評価され、今日では主翼やエンジンといった航空機の最重要構造品の製造を受託することで急成長を遂げています。
 同社が製造を担当しているのは、日本初の国産旅客機として話題の三菱重工業の「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の主翼や、ボーイング社の次世代中型ジェット旅客機「787Dreamliner」の主翼の電気回路の取り付けなど、航空機の中で最も重要な部品ばかり。またMRJのプロジェクトにはプランから参画するなど、日本の航空機産業に欠かせない存在となっています。
 今日では、次世代中小型航空機の部品製造を行う為、航空機部品製造分野へ参入するなど、これまで培った技術力をベースに、新しい分野への挑戦も始まっています。そして同社は、今後も日本の航空機産業をしっかりと支えていきます。

全員で力を合わせ最先端の航空機を生み出す喜び


航空機製造事業部 製造1課 課長 入社22年目 伊藤 厚志さん
 高校の頃から航空機関連の仕事につきたいと思っていました。サンコー・エア・セルテックとの出会いは、学生時代のアルバイト。羽田空港で航空機の塗装の仕事をしたのですが、自分たちが塗装したジャンボジェットがドックを出て、大空に飛び立つ姿を見た時、とても感動したことを覚えています。その時、この会社で働きたいと思うようになりました。
 平成7年入社、平成18年から名古屋の航空機製造事業部に配属になり、今日では製造1課の課長として定期的に航空機メーカーの工場を訪ね、そこで生産に従事する当社のスタッフが快適に仕事をできるよう、さまざまなバックアップを行っています。
 私が思う当社の一番の魅力は、最先端の航空機生産に携われることです。だからこそ、一人ひとりが技術を磨くと同時に、全員で力を合わせてチームワークでものづくりに取り組むことが求められます。この先も、いろんな分野で当社の技術力が求められていくはずです。最先端の航空機製造に携わりながら自分自身の技術力を磨きたい方にとって、当社は最高の環境だと思います。

未経験者でも航空機のプロに育てる教育システム


執行役員 航空機製造事業部長 藤井 正一さん
 当社では、優れた技術者を育成するために事業部の中に「名古屋人財開発センター」を設置し、徹底した技術者教育を行います。
 入社すると、まず全員に基礎訓練を実施します。ここでは「飛行機はなぜ飛ぶのか」という基礎理論の解説から、図面の読み方、各種工具の使い方などを約1カ月かけて指導します。だから、ものづくりは未経験という方も大丈夫。飛行機が好きという情熱さえあれば、確実に即戦力の技術者に育てます。
 その後は「構造」(部品の組み立て)と「艤装(ぎそう)」(電気回路の取り付け)の2つの業務に別れてより実践的なスキルを磨き、実際のものづくりの現場に配属されます。その後も、航空機メーカー出身の講師や、経験豊かな先輩による研修を開催するなど、技術者としての成長をサポートしていきます。
 また、この充実の教育システムは、三菱重工業から「協力ベンダーの中でもハイレベル」という評価をいただいています。

企業情報


座学・技術指導など独自のカリキュラムで即戦力技術者を育てる
企業名 サンコー・エア・セルテック株式会社
所在地 名古屋市瑞穂区明前町9-17
創業・設立 1976年
資本金 50,000千円
代表者 代表取締役社長 浦田 信雄
事業内容 航空機製造、航空機塗装、航空機整備、輸出入航空貨物取扱、通関関連業務、物流機器整備、特殊車両整備他
従業員数 989名(パート含)
職種 事務職、技術職、製造職、航空貨物に関わるトータルサポート業務
URL http://www.sanko-as.co.jp/
掲載開始日:2017年12月20日
検索ページに戻る 気になった企業は求人検索
Copyright © Nagoya City All Right Reserved.