本文へジャンプ
メニュー
トップページへ

色の変更
文字サイズの変更
ここから本文です
トップページ企業の魅力発信検索結果一覧 > 企業詳細情報

企業詳細情報

株式会社河合工業

エンジン性能の向上や低公害化に不可欠な、自動車の排気系システム。株式会社河合工業はこの分野の部品づくりに特化し、技術を蓄積してきました。ひとりが複数の仕事をこなせる「多能工」の育成も目指しています。

自動車の排気系システムを支える部品づくり 


長年培ったプレス加工技術には定評がある
 ガソリン車には、エキゾーストマニホールドやマフラーなどで構成された排気系システムが不可欠。これらは車の前方から後方まで、フロア下を縦断するように組み込まれ、エンジンからの排出ガスを浄化したり、温度を下げたり、消音の役割を担っています。高熱や過酷な外部環境にさらされるため、耐熱性や耐食性も必要。近年ではスポーツ車向け・高級車向けと、自動車の“格”に合った排気音づくりまで求められているそうです。
 株式会社河合工業が製造を担うのは、まさにこの排気系システムのパーツ。自動車が一般に普及し始めた昭和40年(1965年)に設立された同社は、メーカー各社と足並みを揃えながら業界の発展を支えてきました。手作業での単発プレスと機械による自動プレス、そして薄い鋼板を点状に接合するスポット溶接を得意としています。自社内で金型設計からプレス加工、溶接まで一貫して行うことで、高い品質を保ちながら、設計変更や短納期に柔軟に対応できるのが強み。「近年では金型を製造できる工場が少なくなってきたため、これからまだ伸びしろがあるでしょう」と話すのは代表取締役社長の河合三廣さん。今後、ガソリン車の比率が下がってくる時代に備え、排気系部品以外への展開も視野に入れています。「設備は自社保有ですし、金型を変えるだけでさまざまなプレス加工が可能。鉄板を塑性加工する技術は、どんなものにも応用できるはずです」。
 同社で金型設計を担当するのは、70歳を超える熟練工。この分野においては、経験の蓄積に勝るものはありません。今後いかに後継者を育てるかが課題といいます。同時に持ち場を限定せず、単発プレス・自動プレス・スポット溶接とあらゆる技術に対応できる「多能工」を育てることもカギ。「少人数でやっているので、特定の工程に作業が集中した時には、別のメンバーが補えるようにしたい。ずっと同じ仕事をしているより、いろいろな能力を身につけた方がより前向きになれるのではないでしょうか」(河合社長)。

仕事の達成度が見えるのがやりがい


単発プレス担当 入社5年目 米倉隆志さん
 前職は事務系だったのですが、現場で体を動かす仕事がしたくなって河合工業に入社しました。現在は単発プレスを担当。鋼材を一つひとつ手で型にセットし、プレス加工していきます。入社当初は1日の作業予定の半分にも届かず焦ったことも。でも3ヶ月間の研修が終わる頃には、かなり速く正確にこなせるようになりました。1時間あたりの加工数の目安が設定されていて、月ごとに自分のした作業量がわかるシステム。目標を超えた時には、やはり達成感がありますね。一人で黙々と機械に向き合う世界なので、集中力のある人や目標を決めて努力できる人にはいい仕事だと思います。職場の年齢層は20代から60代まで幅広く、いろいろな話が聞けて面白いですね。60代の大先輩はさすがに作業が速く、まだまだ追いつけません。
 いろいろな作業ができるようにという会社の方針で、単発プレス以外に自動プレスやスポット溶接の作業もローテーションで経験しました。いずれも短期間の研修で技術が身に付くので、未経験でも心配いりません。

適材適所で個々の持ち味を発揮してほしい


代表取締役社長 河合 三廣さん
 当社では同じ金属加工でも、持ち場によって作業内容がかなり違います。単発プレスやスポット溶接は、ひとつの場所で専用の機械と1対1で向き合うため、根気と高い集中力が求められます。自動プレスは型をセットすれば後は機械がやってくれますが、モノを運んだり工場内を歩き回る機会が多いので、じっと座っているより体を動かすことが好きな人に向くでしょう。特に仕事のマニュアルなどはなく、慣れるまで先輩たちがマンツーマンでじっくり教えます。いずれも3ヶ月程度で技術を身に付けることが可能。近年需要が増えているスポット溶接は、作業負担が軽いため女性にも向く仕事です。既に多くの先輩たちが頑張っています。
 金型づくりは他の職種と比べ専門能力が要求されるため、人材育成には時間をかけます。人が思いつかないようなアイデアや視点を期待したいですね。どの部門を担当するかは本人の希望を重視した上で、一人ひとりが持ち味を存分に発揮できるよう、適材適所への配属を心がけています。

企業情報


排気系に特化した自動車用部品を製造
企業名 株式会社河合工業
所在地 名古屋市天白区中砂町280
創業・設立 1965年
資本金 19,280千円
代表者 代表取締役 河合 三廣
事業内容 自動車板金小物部品の試作品、プレス金型の設計製作、プレス加工、スポット溶接
従業員数 21名(パート含)
職種 事務職、製造職
掲載開始日:2017年12月28日
検索ページに戻る 気になった企業は求人検索
Copyright © Nagoya City All Right Reserved.