本文へジャンプ
メニュー
トップページへ

色の変更
文字サイズの変更
ここから本文です
トップページ企業の魅力発信検索結果一覧 > 企業詳細情報

企業詳細情報

名古屋発條工業株式会社

戦後間もなくバネの製造業を開始。蓄積したノウハウを基盤に、シム・スペーサーなどの精密プレス部品へと事業を発展させました。近年では体制・組織を一新。若手社員の熱意を尊重し、やりたいことが実現できる環境づくりに努めています。

ニッチな技術を武器にさらなる高みへ 


あらゆる業界で使用されるシム・スペーサー
 「発條」とは、バネやゼンマイを表す用語です。名古屋発條工業株式会社はその名が示すとおり、昭和23年(1948年)、バネの製造から事業をスタートさせました。以来、自動車メーカーを主要顧客に、各種スプリングや精密プレス部品など、多彩な金属加工製品を送り出しています。現在、同社の売上げの7割を占める看板商品が、高精度シム・スペーサー。部品を組み合わせる際にすき間を埋める薄い板金で、さまざまな形状や厚みに対応できる付加価値の高さが特長。客先の仕様に合わせた完全受注品で、自動車・鉄道・航空機・産業用機械など納入実績は多岐にわたり、1,000分の1ミリの誤差も見逃さない精巧さで高度なニーズに応えています。同社ではシム・スペーサー専用のWEBサイト「特注シム.COM」を開設し、広く技術情報を発信。サイトの効果により全国的に注目を集め、新規顧客の開拓にもつながっています。今後は自動ラインの増設や金型製作の内製化を推進。社内に技術を蓄積することで、さらなる強化を狙います。
 現社長の就任を機に、会社の体制や事業の見直しも進行中です。「かつては既存顧客の御用聞きといった色合いが強く、営業の幅も狭かった。これからは待ちの姿勢ではなく、若手社員からの“こういうメーカーと取り引きがしたい” “こんな設備を入れてはどうか”という前向きな提案に、積極的に耳を傾けていきます」と常務取締役の成瀬寛展さん。先に挙げたシム・スペーサー専用サイトも、こうした改革の中から生まれたものでした。経営マネジメントの考えを取り入れながら、今後は製造・設計・営業の各現場をリードできる人材を育てたいという思いもあります。同時に熟練職人を顧問に迎え、シニアと若手のマッチングを図りながら技術の継承に力を入れていく考えです。「しっかりしたモノづくりのベースがある中で、ベンチャー的な要素もある会社にしていきたい。失敗を恐れず、個々の裁量でどんどん新しい分野にチャレンジできる環境をつくっていきます。」(成瀬常務)。若手のアイデアと熱意を活かし、同社がどんな変化を見せるのか。今後の動きに目が離せません。

全部署をまとめるリーダーシップが求められる 


業務部 営業課 入社1年目 小木曽 直哉さん
 もともとモノづくりに興味があり、前職で養った営業のノウハウが活かせると思って入社しました。何もない状態からお客様のニーズを汲み取り、さまざまな提案をしながら、実際に製品ができ上がっていった時の達成感は大きいですね。ひとつの案件に全部署のメンバーが関わり、チームで協力して仕事を進めていけるのも魅力です。お互いにしっかり報・連・相をし合うことで、進捗状況がわかる環境が整っている。営業には全体のまとめ役としての、リーダーシップも求められます。
 まだ社歴が浅いため、勉強することは山積みです。でもわからないことを恥じてはいけない。わからないことは、謙虚に教えてもらう姿勢が大事ですから。幸い当社には頼もしいスペシャリストが揃っているので、自信を持って提案できるのも強み。これから会社がもっと大きくなっていく中で、人や会社全体を見られるような人間に成長していきたいですね。

お客様の信頼をバネに新たなチャレンジを 


代表取締役社長 三輪 佳史さん
 当社では、自動車部品の中でも性能に大きな影響を与える、「機能部品」と呼ばれる製品を多く取り扱っています。それはミクロンレベルの寸法精度を要求される精密部品です。顧客満足を第一に難しい製品にも全力で取り組み、迅速な品質保証体制や高い納入順守率を維持する。それが創業以来の当社の変わらぬ姿勢です。
 お客様のニーズにこれまで以上のクオリティで応えるためにも、意欲・能力のある若手社員を育て、新しいことへの挑戦の機会と、やりがいのある職場環境の創造に努めていきます。社員のスキルアップ=会社のレベルアップですから、より高度な知識・技能の習得を目指す社員には、資格取得への費用負担などでバックアップ。また、頑張りや成果を正当に評価できる人事制度も導入しました。新たなことに挑戦する向上心や主体性を持ち、長年築いてきたお客様の信頼に応え、お客様に喜んでもらうため何ができるかを考えるー。そんなやる気のある人材と、さらなる飛躍を目指していきたいですね。

企業情報


ミクロンの精度で高度なニーズに応える
企業名 名古屋発條工業株式会社
所在地 名古屋市中川区花塚町2-100
創業・設立 1948年
資本金 32,000千円
代表者 代表取締役 三輪 佳史
事業内容 各種スプリングや精密プレス部品等の製造販売
従業員数 64名(パート含)
職種 事務職、営業職、総務職、製造職
URL http://meihatsu.co.jp/
掲載開始日:2017年12月28日
検索ページに戻る 気になった企業は求人検索
Copyright © Nagoya City All Right Reserved.