本文へジャンプ
メニュー
トップページへ

色の変更
文字サイズの変更
ここから本文です
トップページ企業の魅力発信検索結果一覧 > 企業詳細情報

企業詳細情報

日本街路灯製造株式会社

愛知ブランド企業
路面を明るく照らすだけでなく、街に活気をもたらし、景観づくりに大きな役割を果たす街路灯。日本街路灯製造株式会社は、地域の特性や目的に合わせて、一基からオーダーメイドで対応。日本全国にオリジナルの街路灯を届けています。

地域ニーズに沿ったオリジナルの街路灯を提供


多彩な照明灯が並ぶ本社ロビー
 日本街路灯製造株式会社の歩みは、戦後間もない昭和24年(1949年)に始まります。社名の通り創業以来70年近く、北海道から九州に至る日本全国の街路灯づくりを担ってきました。同社には、いわゆる“標準品”と呼ばれる画一的な製品はほとんどありません。自社内でデザイン・設計・製造・施工・維持管理までの一貫体制を確立。地域の特性・景観・目的に合わせ、オーダーメイドでニーズに応えています。
 歩行者と自動車の双方に充分な視界を確保し、事故防止に貢献すること。夜間に発生しがちな犯罪を未然に防ぐこと。さらには地域に賑わいと活気をもたらす演出効果など、街路灯には多彩な役割があります。決して街のメインではなく、あくまで脇役として景観や防犯を支えたいというのが同社のポリシー。重要文化財を美しく見せるために、照明器具を目立たせない工夫もしています。同時に、公共の場で仕事を行う上での心配りも忘れません。たとえば動物園での施工では、穴を掘る音が動物たちに影響が出ないよう、細かな配慮をしています。
 取引先は官公庁から民間まで幅広く、営業品目は街路灯にとどまりません。商店街のシンボルとなるアーチ、公共施設・商業ビル・マンションなどのモニュメント、屋外広告・公共交通機関の看板やサイン、広場や大通りのベンチや柵、カラー舗装まで、景観や街並み整備に関わるあらゆる屋外装備品へと事業は広がっています。全国から注文が絶えない理由は、顧客の要望に柔軟に応えていること。「規制品に比べれば割高で、物量は大手にかなわない。それでも中小企業ならではのフットワークを活かし、一基からでもオーダーでつくるところに価値が生まれています」と会社本部の林隆伸さん。「すべての工程を社内に取り込むことで、仕事全体がよく見える。企画段階では生みの苦労もありますが、完成すればやはり気分がいい。自分の関わった仕事が街並みの景観として残るのが、この仕事の醍醐味なんです」。

お客様の要望をベースに自分の意見も反映


直販営業部 入社4年目 近藤 亮さん
 取り扱い製品にオリジナル性があること、公共事業に携われること、将来性のある会社だと感じたこと…。入社動機をあげればキリがありませんが、中でも自分の仕事の結果が形に現れ、人々の生活に役立つことにやりがいを感じました。街路灯づくりには、各専門部署のメンバーがチームで取り組みます。ニーズをくみ取り、デザイナーと企画を考え、協議を繰り返し、製作して現場に納める。お客様の要望をベースにしつつ、営業としての自分の意見も反映させられるのが魅力ですね。
 私が所属するのは工場に併設された営業部署で、デザイナーや製造担当者に、いつでも相談しやすい穏やかな雰囲気です。年に一度の社員旅行の際には、普段顔を合わせることが少ない他部署の人とも気兼ねなく話せます。どの会社も同じかもしれませんが、新入社員には、周りとの協調性、自分で考え行動すること、仕事への前向きな取り組みが求められると思います。会社の独自性という点では、他社に負けない面白さがあるはず。ぜひ一緒に街を明るくしましょう!

技術力・人間力・想像力で街路灯のプロに


代表取締役社長 後藤 潤一郎さん
 今、都市景観や街づくりを取り巻く環境は、地域の再生や活性化、省資源・省エネ、安心・安全など、さまざまなテーマや課題を抱えています。加えて光学技術の目覚ましい進化により、LEDや有機ELなど新たな光源が出現。業界は大きな変革期に立たされています。当社は今後も時代背景や技術情報を敏感に捉え、「オリジナル街路灯日本一」を旗印に、灯りの景観創出と環境調和を追求していきたいと考えます。
 そのためには、社員一人ひとりの「技術力・人間力・想像力」の向上が不可欠でしょう。ひとつの街路灯が完成するまでには、多くの工程があります。営業でも現場でも、誰もが何か秀でたものを持つのが理想。電気工事・溶接・施工管理技師・建築士などの資格取得を支援するため、初回費用は会社が負担しています。街路灯といえば日本街路灯製造。そう社会から認知されるような、プロフェッショナル集団でありたいですね。

企業情報


街のイメージに合う街路灯をデザイン(納屋橋・堀川沿い)
企業名 日本街路灯製造株式会社
所在地 名古屋市熱田区五本松町1-8
創業・設立 1953年
資本金 75,000千円
代表者 代表取締役社長 後藤 潤一郎
事業内容 屋外照明機器・鉄鋼建築・装飾構造物・ニチポール・屋内照明器具・標識類の企画、デザイン、設計、製造、施工、監理、保守メンテナンス、販売等
従業員数 99名(パート含)
職種 事務職、営業職、総務職、技術開発・研究職、製造職
URL http://www.gairoto.co.jp/
掲載開始日:2017年12月28日
検索ページに戻る 気になった企業は求人検索
Copyright © Nagoya City All Right Reserved.