本文へジャンプ
メニュー
トップページへ

色の変更
文字サイズの変更
ここから本文です
トップページ企業の魅力発信検索結果一覧 > 企業詳細情報

企業詳細情報

東海協和株式会社

島国・日本に不可欠の海運事業。「東海協和株式会社」は、名古屋港を拠点に貨物の積み降ろし・倉庫管理・通関業務などの港湾物流をトータルで担っています。日本の貿易の玄関口で、スケールの大きな仕事に携われるのも魅力です。

名古屋港を拠点に物流ネットワークを構築


一大物流拠点の最前線で働く
 四方を海に囲まれた日本では、海と空による物流がなければ産業も生活も成り立ちません。現在でも輸出入貨物の99%以上は海運が担うため、港湾事業は我が国の基幹産業のひとつといっても過言ではないでしょう。東海協和株式会社は、昭和24年(1949年)に創業。国内随一の貨物取扱い量を誇る国際貿易港・名古屋港を拠点に、「港湾物流」「国際物流」「国内物流」の事業を展開しています。
 海から陸へ、陸から海へ。船の入港から出港までの間に、貨物の積み降ろし作業を管理するのが「港湾物流」。入港スケジュールに合わせて作業員を手配し、貨物の特徴や大きさに合わせて積み降ろし計画を立てます。万が一のトラブルに対処したり、外国人の船長や乗組員と、専門用語(英語)でやり取りする場面もあります。
 貨物の輸出入をサポートするのが「国際物流」。各国のパートナー企業と連携し、荷物が荷主の手元を離れ船に乗せられて荷受人に届くまで、一貫して責任を持ちます。営業は顧客のニーズを正確に把握し、船会社やコンテナを手配。通関が法令に沿って税関に提出する書類を作成したり、輸出入申告などを行います。通関士の国家資格取得を支援する社内勉強会には、どの部署の社員も参加可能。合格率は10%強という狭き門ですが、資格保持者には特別手当も支給されます。
 「国内輸送」では海上輸送と陸上輸送を一元管理し、集荷から配送までDoor to Doorのサービスを展開。北海道から沖縄まで日本全国をカバーし、小口貨物から工場プラントなどの大型貨物まで、最適な輸送手段を提案しています。海運というと船会社に目が行きがちですが、同社のような港湾運送事業者もまた、物流社会を強固に支え、中部経済の発展に大きく貢献しているのです。

大型貨物船が無事出航した時の達成感


作業部 海務課 入社6年目 土橋 徹さん
 現在、多目的船の作業プランナーを務めています。コンテナではなく不規則な大きさの貨物を積み込むだけに、船会社との密な打合せが欠かせません。貨物船の場合は神戸港から名古屋港、横浜港と順に回るため、他港での積み込みを考えて計画を立てます。先に降ろす荷物ほど手前に配置する必要がある。そこで作業員への細かい指示を書き込んだプラン表を作成し、出航までの決められた時間内でスムーズに作業が進むよう管理します。
 ヨーロッパ航路やアメリカ航路の大型貨物船の中は、まるで基地。輸出される新車が次々と船内に走りこんで行く様子は圧巻です。もちろん降ろす順番を考え、1台1台決められた場所に運び込まれているんですよ。これまでに最大1万トンを超える貨物量の船を手がけましたが、さすがに1日作業だった。無事出港した時は「あ〜終わったんだ」と疲労感と達成感に包まれました。
 人に説明するのは難しい仕事ですが、なかなか体験できないことをやらせてもらっていると思う。仕事の前は緊張感もありますが、作業員の方々は協力的ですし、みんながチームとして同じ思いで働いています。

今後は世界展開も視野に入れた物流を


代表取締役社長 小山 登司雄さん
 中部圏はモノづくりの集積地です。自動車や工作機械など、様々な工業製品が名古屋港から輸出されています。反面、衣食住に関わる大半の物が輸入されている。近年は中国やベトナムから100均用の日用品雑貨の輸入が急増するなど、我々が扱う貨物にも時代のトレンドが反映されています。消費行動が変わると物流も変わるため、常に臨機応変な対応が求められます。
 地球儀を見ても日本は小さい。世界の人口は増えていても、日本の人口は減っている現状です。会社が成長するには、日本から出入りする貨物だけでなく、他国内あるいは他国間の物流も取り込んでいかねばと考えます。まずはアジアでの足がかりとして、国際営業に携わる社員がタイに長期滞在して情報を収集中。アメリカに視察に行った多目的船の作業プランナーもいます。
 当社には創業以来変わらない3つの精神があります。人財を重んじ「和」を大切にする。新たな価値の創造を追い求め「積極」的に挑戦する。そして業界トップレベルの「安全」な職場環境づくりを目指すことです。仕事はひとりではできません。多くの人と協働しながら、粘り強くチャレンジする気持ちを忘れないでほしいと思います。

企業情報


海と陸を最適の物流サービスでつなぐ
企業名 東海協和株式会社
所在地 名古屋市港区入船一丁目1番20号
創業・設立 1949年
資本金 99,000千円
代表者 代表取締役社長 小山 登司雄
事業内容 港湾運送事業
従業員数 305名(パート含)
職種 事務職・営業職・総務職、その他技能職(港湾労働)
URL http://www.tokai-kyowa.co.jp/
掲載開始日:2019年1月9日
検索ページに戻る 気になった企業は求人検索
Copyright © Nagoya City All Right Reserved.