本文へジャンプ
メニュー
トップページへ

色の変更
文字サイズの変更
ここから本文です
トップページ企業の魅力発信検索結果一覧 > 企業詳細情報

企業詳細情報

株式会社テックササキ

工場内設備から航空宇宙分野まで、幅広い設計・施工・メンテナンスを手がけ、日本の製造業を支える「株式会社テックササキ」。機械にはできない緻密な組立技術で、信頼と実績を積み重ねています。

人にしかできない技術で航空機産業を支える


航空機の構造組立を中心に事業を展開
 昭和20年(1945年)10月、名古屋市熱田区で創業した「テックササキ」。クレーンメーカーとして戦後復興に貢献しながら歩みを重ね、「搬送設備事業」「産業設備事業」「航空機事業」「汎用圧縮機事業」を幅広く展開するまでになりました。平成元年(1989年)に参入した航空機事業は、今では同社の主力事業へと成長。アメリカ・ボーイング社やカナダ・ボンバルディア社の航空機を中心に、純国産旅客機MRJや自衛隊航空機、宇宙機器まで、多種多様な機種の構造組立に携わってきました。また同事業では、航空機製造に関連した設備・治工具の設計・製作・点検も担っています。
 航空機の構造組立は、アルミ製やカーボン製の部材を、手作業で一つひとつ組み合わせていく作業です。機械で自動化できない微細作業がほとんど。パーツの接合部にエアドリルで穴を開け、リベット(鋲)を挿入。飛び出た軸先端部を潰し、固く密着させていきます。2人1組で作業を進めるため、息をぴったり合わせることも重要。大きな部品を組み立てるには、チームワークが欠かせません。 
 航空機の部品点数は自動車のおよそ100倍とされ、ひとつの組立作業をする度に、必ず記録をつけて管理することが求められます。単純な流れ作業に追われないためか、現場は静寂に包まれ一見のどかな雰囲気。職人気質の技術者たちが、コツコツと仕事に集中しています。100%の安全のため、わずかなミスも許されない世界。品質保証部の検査担当者がたとえ新人であったとしても、その指摘にベテラン技術者も従わねばなりません。
 中部圏は日本の航空宇宙産業の中心地であるだけに、国内外から人的資源への期待は高まるばかり。同社の技術者には、海外の航空機メーカーから支援要請も届いているほどです。今後も人間の手でしかできない技術で、信頼と実績を積み重ねていくことでしょう。

「自分の飛行機」という思いで取り組む


航空機事業部 製造一部 組立一係 GXリーダー 入社14年目 中川 武紀さん
 学生時代はパソコン上でモノを作成することに興味がありましたが、次第に自分の手でつくり上げることに魅力を感じるようになって。当社のホームページを見て、航空機という大きなものを手がけることにやりがいを感じました。現在、プライベートジェット機の主翼フラップの組立を担当しています。フラップは飛行機の揚力を増大させる働きがあり、離着陸を安定させる重要な装置。パーツに1,000分の1インチ単位で穴を開けていく精密な作業なので、体調にも気を遣い些細なミスも起こさないよう注意を払っています。たとえ公差(合格)の範囲内であっても、ベテラン技術者が開けた穴は出来栄えが違う。まだ上には上がいるので、早くそのレベルに到達したいですね。仕事をしている時は夢中で、時間の経つのがすごく速いです。
 職場ではキャリアが長い部類に入ったため、学んできた技術を後輩にどう伝えていくかが課題。自分が費やした年数より短い期間で修得してもらうことは、僕自身の成長でもあり、全体の作業効率アップにもつながる。誰もが「自分の飛行機」という意識で取り組むことが大事だと思います。

航空機産業の一翼を担う人材に期待


代表取締役 佐々木 博一さん
 航空機産業に携わる企業には、社員一人ひとりに高いコンプライアンスが求められます。当社には、創業当時からの心を受け継ぐ「誠の心得」という就業規則があります。その中の「遵守三原則」では、「規定・手順に従ってルールを守る、記録を正しく記載する、できない時には手を挙げる」を明記。航空業界においては、ミスを犯すことよりも、それを隠すことが罪です。ミスをしたり発見した時は、直ちに管理者や上司への報告を義務付け。現場には国内外の航空機メーカーの電話番号も掲示し、万が一の場合には誰もが直接連絡できます。就業規則は社員を縛るのではなく、守ることにもつながるのです。
 新入社員はこうした心得を理解した上で、ほぼ1ヶ月かけて図面の見方や工程管理の仕方、ドリルやリベットの使い方といった基本的な知識・技術を習得します。最初は小物づくりで練習し、無事カリキュラムを卒業できたら、各プロジェクトに配属。その後はOJTで技を磨いていきます。現在、社員の8割を配置し強化を図っている航空機事業。その一翼を担うモラルと技術力を兼ね備えた、若手の育成にいっそう力を入れていきます。

企業情報


航空機産業と共に次代へ飛躍
企業名 株式会社テックササキ
所在地 名古屋市熱田区神宮4丁目9番21号
創業・設立 1945年
資本金 100,000千円
代表者 代表取締役 佐々木 博一
事業内容 各種クレーン等搬送機械・設計・製作・メンテナンス、空調設備・工場インフラ配管設備の設計・施工・営繕、汎用圧縮・販売メンテナンス、航空機構造組立
従業員数 669名(パート含)
職種 事務職、営業職、総務職、製造職
URL http://ssk-gp.jp/tech-sasaki/index.html
掲載開始日:2019年1月22日
検索ページに戻る 気になった企業は求人検索
Copyright © Nagoya City All Right Reserved.