本文へジャンプ
メニュー
トップページへ

色の変更
文字サイズの変更
ここから本文です
トップページ企業の魅力発信検索結果一覧 > 企業詳細情報

企業詳細情報

株式会社フジチュウ

薄型板金のプレス加工技術を活かし、エレベーター部品の製造に特化して着実に成長を続ける「フジチュウ」。“安全で快適な乗り物”を支えるクオリティは、隅々まで清掃の行き届いた工場から生み出されています。

世界に誇る日本製エレベーターの品質を支える


清潔に保たれた工場が作業効率を高める
 1953年、金属板金プレス加工会社として産声を上げた「株式会社フジチュウ」。以来、高品質・高精度をモットーに、着々と実績を築いてきました。同社の売り上げの99%を占めるのが、エレベーター部品。この分野に特化した企業は決して多くないため、需要は安定しています。主に薄板板金加工を得意とする同社では、 SECC-P(亜鉛メッキ鋼板)からステンレスまで幅広い加工技術を蓄積。カゴ室・扉・天井・トーガード(昇降路の安全装置)などに使う補強類や取付金などの部品を製造し、大手電機メーカーに供給しています。
 エレベーターは、いわば縦に動く “乗り物”です。ただ昇降すればいいだけではありません。自動車・鉄道・飛行機など、他の輸送手段と同等の安全性や快適性が求められます。さらに密室ゆえの防犯性も重要。品質基準は海外よりはるかに厳しいといわれます。「止まる時に不快感を与えないか。防犯機能は設置されているか。安全装置は万全か…。世界的に見ても、メイド・イン・ジャパンの品質は圧倒的に優れている。当社はその一翼を担っていると自負しています」と副工場長の阿知波勝巳氏は胸を張ります。
 2017年に完成した新社屋の工場内には最新設備が導入され、 IT化も進行中。内部はゴミひとつなく、床は常にピカピカです。「清掃の習慣を身につけて、いつも美しい工場にする」という社訓のもと、美化・整理整頓に取り組み、仕事終わりには全員で掃除をして帰るのが日課。こうした姿勢が、生産性の向上や企業のイメージアップに大きな成果をあげています。作業を改善し技術力を強化するための社員提案制度も好調。小集団グループで話し合い、改善点を提案し、採用されると報奨金も支給されます。多くの若手社員が前向きに働ける環境の元で、エレベーター部品という専門技術にさらに磨きをかけていきます。

ひとつの仕事を極め次のステップへ


工作課 入社5年目 平野 翔太さん
 高校の機械科に通っていた就活中に、東京オリンピック決定のニュースが。エレベーター分野もきっと伸びるに違いないと思ったのが入社のきっかけです。重機関係に興味があったので、工場内の機械設備にも惹かれました。入社後の3ヶ月間、各部署をローテーションで回った後、工作課に配属。現在の仕事内容は完成品の仕分け(キッティング)や梱包、出荷です。図面を見ながら製品が正しく作られているかチェックし、数量を確認し、傷がつかないよう丁寧に梱包して送り出す。万一ミスがあった場合は作業を止めて、前の工程に連絡。製品をお客様に届ける前の最後の要だけに、決して気は抜けません。
 厳密に言えば、今はまだ直接的なモノづくりに関わっていません。でも中途半端はダメだし、後輩への指導力も含め、ここで一人前になってから他の部署を経験しても遅くない。機械を動かしたり溶接したり、将来はいろんな仕事にチャレンジしたいですね。会社は入ってみないとわからないことが多いから、まずは続けることが大事。若い人が多くアットホームな会社ですよ。午前と午後のリフレッシュタイムには話題が尽きません。

進化するエレベーターと共に成長


代表取締役社長 加藤 忠晴さん
 当社はエレベーター部品という専門分野に携わっていますが、未経験者でも一から技術を習得できる環境です。入社後は講義・OJT・工場見学などの研修を実施。図面の見方などの基礎知識もしっかり身に付けられます。技能士国家資格の取得や、外部セミナーへの参加も全面的に支援し、社員の資質向上に務めています。またインターンシップも積極的に受け入れ、地元の中学校や高校に就業体験の機会を提供。初めてエレベーターの構造を知り、簡単な作業を体験することで、みなさん関心を持ってくれますね。
 製造というと男性メインの仕事と思われがちですが、現場はそんなにむさ苦しくないですよ(笑)。当社では細かい組み立て作業や、パソコンでの受注・生産管理などで多くの女性が活躍しています。エレベーターの世界はまだまだ未来があり、どんどん進化していく。当社も高度な要望・要求に対応できるよう、さらに努力を重ねていかなければなりません。頭でっかちにならず、柔軟な発想でモノづくりに関心を持てる人に、仲間に加わってもらいたいですね。

企業情報


2017年完成の新社屋
企業名 株式会社フジチュウ
所在地 名古屋市中川区八家町3-25
創業・設立 1954年
資本金 30,000千円
代表者 代表取締役社長 加藤 忠晴
事業内容 エレベーター部品製造
従業員数 44名(パート含む)
職種 事務職・製造職
URL http://www.fujityu.co.jp/
掲載開始日:2019年1月28日
検索ページに戻る 気になった企業は求人検索
Copyright © Nagoya City All Right Reserved.