本文へジャンプ
メニュー
トップページへ

色の変更
文字サイズの変更
ここから本文です
トップページ企業の魅力発信検索結果一覧 > 企業詳細情報

企業詳細情報

ARD株式会社

設計開発の場面で、世界最速の計算力を記録したコンピュータ。その企画・設計・製造を手がける企業が「ARD株式会社」です。メーカー各社の開発競争を背景に依頼が殺到。社員は常に最先端技術に触れながらスキルを磨きます。

会社は研究室、ライバルは自社製品


顧客の要望に沿うハードウェアを開発
 社員数わずか5名で、世界屈指の計算力を持つサーバーを生み出す企業が名古屋にあります。その会社の名は「ARD」。米国防総省高等研究計画局(DARPA)のサポートによる解析ソフト実行速度調査サイトで、クラス世界No. 1を記録しています(2016年8月実績)。高速コンピュータが求められる背景には、メーカー各社の熾烈な開発競争があります。例えばシミュレーションで製品強度を導き出す場合。処理速度が速くなるほど開発期間が短縮でき、それだけ製品の市場投入が早くなり、結果として売上げと利益アップにつながるのです。数百万円から数千万円のサーバーで、数百億円の経済的効果が見込まれる場合も。「お客様が当社に依頼するのは、変化を求める時や業務改革が必要な時。それに対し、我々は速度というキーワードで応えます。結果、行き着く先は世界一しかなかった。オンリーワンではなく常にベストワンですね」。そう語るのは代表取締役・市川琢也氏。同社は今やメーカー各社の製品開発に欠かせないパートナーなのです。
 要望に合ったハードウェアを完成させるまでに最短で3ヶ月、通常は半年から1年。データを集計し、スクラップアンドビルドを繰り返し…。地道な作業の積み重ねが、10年後の飛躍につながるといいます。「高パフォーマンスを実現するのにどれだけ電力を食うか。何アンペア必要か。検証実験とレポーティングの毎日で、会社はほぼ大学の研究室。実習が一生続くイメージですね」。
 業界超大手企業の開発者と対等に仕事ができ、常に技術の最先端に触れられるのも魅力。一生の守秘義務を負う責任もありますが、「お客様からのお礼の言葉が一番のモチベーションになるはず。僕に褒められても誰も喜ばないですが」と市川社長は笑います。最大のジレンマは、自社製品がライバルになること。以前に納めた製品と今の製品を闘わせるのは、なかなかシビアな世界だとか。それでも“まだ世の中にないもの”を目指して同社は前へ進み続けます。

過去の自分のマニュアルが今の自分を助ける


ソリューション開発部 入社1年目 川崎 龍さん
 大学の工学部で電気・電子系を専攻し、実験で回路には触っていました。でもコンピュータの組立ては経験がなく、工具の使い方をはじめ、ほぼゼロからのスタートでした。仕事は一からつくり上げることばかりで、前例やマニュアルがありません。全て自分で調べる必要があり、国内に資料がなければ英語の文献も読む。海外の技術者も同じような事例で迷っていたり、未だに答えが出ていない現象がたくさんあるのもわかりました。
 やってみてうまくいったこと、いかなかったことをデータにまとめ、マニュアルとして残しています。それは未来の自分のためでもある。実際、過去の自分のマニュアルに助けられるケースが何度もありました。様々な経験を文章化しておくことで、後輩にもつなげていける。ひとりで考えられる能力には限界がありますから、少しでも彼らが新しい技術に集中できるようサポートしたいという気持ちです。
 仕事は厳しくても先輩はみんな優しくて、何でも聞ける関係です。社長も常に気にかけてくれて、顔色で状態がわかると言われたことも。メーカーと共同で開発を進めるケースが多いのですが、入社1年目から大企業の研究者と会えるのもすごいことだと思います。

好奇心が旺盛でしつこい人が理想です


代表取締役 市川 琢也さん
 トップレベルの研究者から信頼されるには、創意と工夫と技術力がカギ。入社3年間はみっちり勉強です。真っ先に学ぶのはコンピュータの組立てや仕組み。部品の名前や成り立ち、配線や電圧、ドライバーの使い方からネジ締め、OSやアプリケーションを入れての動作確認…。どのような現象で壊れるか、電源が落ちたらどうなるか、どんな処理をすればいいか。まずはハードウェアの基本を頭に叩き込みます。一方で、お金の流れと自分の利益について実データを見せながら解説。一千万円のサーバーを売ったとしても、諸々の経費を差し引いていくとあなたの利益はこれだけですよ、と数値を見える化するんです。これで給与の金額にも説得力が出るはず(笑)。当社では成果を出した社員は、社長より高い報酬を得ることも可能なんですよ。
 3年目以降は取引先の最先端の研究室に送り出し、ご要望を直接聞く機会を与えています。超大手企業ばかりですが、外に出れば当社は解析ハードウェアコンサルティング的な位置付けなので、お客様は対等に話してくださる。「ぜひ鍛えてやってください」とお願いしています。ウチに向く人材は、好奇心が旺盛な人、しつこい人、諦めない人ですね。今日だけ頑張れる人はいらない。結果を出すには、毎日地道に同じことを継続できるかが大事です。

企業情報


超高速コンピュータで世界を圧倒
企業名 ARD株式会社
所在地 名古屋市中区金山5-11-6 名古屋ソフトウェアセンタービル4F
創業・設立 1996年
資本金 38,000千円
代表者 代表取締役  市川 琢也
事業内容 サーバー、解析専用PC開発、システム全般コンサル設計運用支援
従業員数 8名(パート含)
職種 事務職、総務職、技術開発・研究職、製造職
URL http://www.ard.co.jp/
掲載開始日:2019年2月12日
検索ページに戻る 気になった企業は求人検索
Copyright © Nagoya City All Right Reserved.