本文へジャンプ
メニュー
トップページへ

色の変更
文字サイズの変更
ここから本文です
トップページ企業の魅力発信検索結果一覧 > 企業詳細情報

企業詳細情報

名東化工機株式会社

国産唯一の薬品用ハンディポンプを製造・販売する「名東化工機株式会社」。耐薬品性・耐蝕性・耐熱性などを備えたポンプは、生産現場の効率化に大きく貢献。ニッチ市場で独自の技術力を発揮しています。

国内オンリーワンのハンディポンプを製造・販売


小型・軽量で操作性の高いケミカルハンディポンプ®
 名古屋市名東区の住宅街の一角に本社を置く「名東化工機」。工業用のハンディポンプや薬液定量ポンプの製造・販売に特化し、実績を築いてきました。中でも注目されるのが、充電式・コードレスのケミカルハンディポンプ®。国産のハンディ型ポンプとしては唯一の製品で、“ケミカルハンディ®”の名称は、同社の登録商標となっています。耐薬品性・耐蝕性・耐熱性など、工場内での薬品移送に適した機能を備え、自動車から食品まで様々なジャンルで需要を広げています。
 同社がコードレスのハンディポンプに着目したのは、30年以上前に遡ります。既に外国産製品が出回っていて、当時は代理店として販売を行っていました。が、決して満足できる品質ではなかったため、自社製造を決意します。「最初のうちは電池の性能も悪く、なかなか思ったようにいかない。試行錯誤の連続でした」と代表取締役社長の深谷宏治氏は振り返ります。設計と試作を重ね、市場に出すまでに10数年を費やしたとか。「それでも爆発的に売れたわけではなかった。製造現場の効率化ニーズが高まり注目されるようになったのは、ここ5〜6年のことです」。
 しかし、同社が長年採用してきたニッカド電池が、環境問題などで生産が終了することに。そこで、リチウム電池によるモデル変更を模索することとなります。「せっかくなら追加機能を加えてバージョンアップしようと。苦労も伴いましたが、設計変更では当たり前のことですから」。電池寿命や使用時間が大幅に伸びたことで、省エネ性がアップ。さらに吸水量や放出量を調整できるスピードコントロール機能を付加し、安全性を高めました。「国産がウチだけの理由は、ニッチ過ぎて他がやらないだけ。文字通り隙間産業ですよ」と深谷社長は謙遜しますが、その一方でオンリーワンの技術力を維持しつつ、新たな機種にも挑みたいと前向きな構想を語ってくれました。

アットホームな風土で様々な挑戦ができる


営業部 入社2年目 松下 真也さん
 長い実績に基づく安定した経営基盤と、新たなことに立ち向かうチャレンジ精神が両立しているところに惹かれ、当社に興味を持ちました。面接で社長や担当者と話す中で、家族的な社風を感じられたことも大きかったですね。
 営業に出たばかりの頃は、お客様からあまり相手にしてもらえなかったことも。でも訪問回数を重ねることでだんだん心を開いてくださり、初めて見積り依頼やご注文をいただけた時は嬉しかったですね。お客様との距離が縮まり、信頼関係を築けたと実感できました。
 午前中は見積りや注文に対応する事務作業が中心。午後は営業車で外回りし、帰社後にまた残務処理をして帰るというのが1日の流れです。職場の雰囲気は最初のイメージ通りとても風通しが良く、一人ひとりのやりたいことを尊重してくれます。私は社内で唯一の20代で、先輩方とは親子ほど年が離れていますが、本当の子どものように接してもらっています。アットホームな環境で働きたい方、新しいことに挑戦したい方にはぴったりの会社ですよ。

メイドインジャパンの底力で品質を維持


代表取締役社長 深谷 宏治さん
 当社は今から45年前、上下水・産業用水・排水などの水処理関連機器および薬品の製造販売業として発足。環境保全を経営の最重要課題のひとつと位置づけ、水処理機器を通じて自然や社会に貢献できる企業活動を目指してきました。
 新たな事業にも積極的に取り組み、現在、産学連携による改質水のプロジェクトに参加しています。水の分子濃度をナノレベルで改質することで、切削や研削に適した水道水や工業用水をつくり出す。当社ではこの装置の製造を受け持っています。
 開発と組み立てを自社工場で行い、部品は外注です。かつては海外から部品を取り寄せていましたが、どうしても品質が劣るため、今は国内の町工場に限定。当社の製品は細部まで、メイドインジャパンというわけです。とはいえコストの問題があり、外注先も減り続けている。近年では部品の共通化を図るなどで調達リスクを削減。品質を守るため、あらゆる手を尽くす必要があると考えます。
 工場の製造ラインも廃水処理場も、ポンプが故障すると止まってしまう。我々は非常に重要な役割を担っているのです。入社当初は覚えることばかりでしょう。科学や物理の知識も必要になってくる。でもウチの営業は全員文系(笑)。前向きに真面目に仕事に取り組む姿勢があれば、どなたでも歓迎です。

企業情報


幅広く使用されている薬液定量注入ポンプ
企業名 名東化工機株式会社
所在地 名古屋市名東区貴船一丁目27番地
創業・設立 1975年
資本金 10,000千円
代表者 代表取締役社長 深谷 宏治
事業内容 薬液定量ポンプ、ケミカルハンディポンプ製造・販売
従業員数 23名(パート含)
職種 事務職、営業職、総務職、技術開発・研究職、製造職
URL http://www.meitoukakouki.co.jp/
掲載開始日:2019年2月19日
検索ページに戻る 気になった企業は求人検索
Copyright © Nagoya City All Right Reserved.