本文へジャンプ
メニュー
トップページへ

色の変更
文字サイズの変更
ここから本文です
トップページ企業の魅力発信検索結果一覧 > 企業詳細情報

企業詳細情報

株式会社フェアウィンド

ユースエール認定企業
フェアウィンドのフェアに“公平、公正”という意味を込めた「株式会社フェアウィンド」。あらゆる風(ウィンド)向きに対し、小回りのきくソフトハウスとして実力を発揮。きめ細かな教育体制と家族的な風土で、社員の成長を後押ししています。

顧客の顔が見える位置でニーズをすくい上げる


先輩の指導で新しい技術を学ぶ
 「フェアウィンド」は、IT業界では珍しい女性社長が率いる会社。若い社員を包み込むような、アットホームな雰囲気が特徴です。代表取締役・堀江公仁子氏が、IT業界に女性技術者を増やしたいとの思いから、2000年に設立。業務内容は、企業や公共向けのアプリケーション開発、制御系システム開発、 Web・通信系システム開発、オリジナル製品開発など、システム開発全般にわたります。同社が重視するのは、常に顧客の顔が見える位置で、確実に丁寧に小回りのきく対応をすること。客先は名古屋市内を中心にし、緻密にコミュニケーションを取りながら仕事を進めています。
“社員ファースト”を貫く同社では、常に一人ひとりのスキルアップとやりがいを重視。個々の習得度に合わせた研修を行い、一定レベルに達するまでは客先に送り出しません。言い換えれば、外に出す以上は、会社が技術を担保するということ。「お客様から“新人でもフェアウィンドさんなら安心”と言っていただけるのはありがたいことです」と堀江社長は誇らしげです。習うより慣れよで、入社早々に第一線へ投入する会社もありますが、「周りが何を話しているかもわからないのに、その場にいることがどれだけ苦しいか。独り立ちまで1年かかる場合もありますが、それも少人数の会社だからできることです」。常駐先には教育担当のマネージャーが定期的に顔を出し、こまめにフォロー。社員から届く週報の“行間”を読み、気になることがあればすぐ現場に飛んで行くといいます。
 スキル向上のため、同じ場所に長期間常駐させないのも同社の方針。客先に馴染み評価されていても、「今の自分にプラスになるかを常に考え、将来につながる新しい技術を学んでほしいのです」と堀江社長。社名の“フェアウィンド”は、帆船が前に進むときに受ける風を意味。風がどの方向から吹いても、ヨットは前に進みます。どんなニーズにも誠実に柔軟に向き合う、同社の姿勢そのものです。

プログラミングの基本はコミュニケーション力


システム事業部 入社5年目 高村 理瑚さん
 学生時代に趣味でWebサイトを作成し、閲覧者に楽しんでもらえるよう工夫していました。そのスキルをさらに磨けそうな会社を探していて、当社を知ったのです。面談で社長と気が合い、引っ込み思案な私でもすぐ溶け込めたのもよかったですね。
 仕事内容は業務ソフトの開発。1日中パソコンの前に座っての打ち込み作業と思われがちですが、実際にはお客様と話す時間の方が長いです。業務内容を理解しなければシステムはつくれないため、まずは関連する様々な部署のご要望を聴き取ることから。ネット経由で書類を提出できるようにしたり、入力ミスをカバーするため選択形式にしたり…。使い勝手が良くなるほど、裏方では難しい作業をしているのです。
 最近携わったのは、ドクターヘリの離発着を管理するシステム。ヘリと病院を通信でつなぎ、現場の作業状況を動画で確認できるシステムです。病院から現場に指示を出したり、研修生の学びにも活用。完成まで約1年かかりましたが、役立っているという声を聞くと嬉しいですね。システムはつくって終わりではなく、立ち上げの際にはお客様向けの勉強会を開いたり、その後は保守作業やバージョンアップにも対応します。
プログラミングをしている時が一番楽しくて、気がつくと「もう定時だ!」という毎日(笑)。思い描いた通りの動きができた時は、とても達成感があります。お客様からの「使いやすくなった」という声も励みになりますね。

社員の得意や個性によって柔軟に仕事を選びます


代表取締役 堀江 公仁子さん
 数あるIT企業の中で、ウチの扉を叩いてくれた社員たちは、個性的というか面白い人の集まりです。私自身が変わり者なのかもしれませんが(笑)。「フェアウィンドさんの得意分野は何ですか?」と聞かれると、「特にありません」と答えます。社員一人ひとりの得意や個性に合わせて、仕事を選んでいるからです。 IT技術はどんどん進化していますから、その時々で柔軟に対応するだけ。仕事の成果が残り、お客様、社員の双方が納得し、会社が存続できればそれでいい。今後も人を一番にフォーカスする姿勢は揺るぎません。
 会社がリーマンショックを経てV字回復できたのは、苦しい時に離れることをせず残ってくれた社員とその後に入社した社員たちが、新しい風を呼び込み頑張ってくれた結果です。小さな会社ですが、一人ひとりが存在感を発揮し活躍しています。元請け会社さんに請われ、シンガポールやイギリスに同行出張した社員も。外注まで連れて行くのは、それだけ信頼されている証拠。本人にとっては自分の仕事に最後まで責任を持ちたい思いもあり、今後の成長につながるいい経験になったでしょう。
 社員は会社の看板がなくても、技術力でやっていけるはず。それでも「フェアウィンド」で、今の仲間やこれから出会う仲間とともに、ずっと続けてくれれば、最高に嬉しいです。だからこそ「会社」として良い環境を作ることを怠ってはいけないと心しています。

企業情報


ヨットの帆を表したロゴマーク
企業名 株式会社フェアウィンド
所在地 名古屋市中区栄2丁目1番12号 ダイアパレス伏見3F
創業・設立 2000年
資本金 10,000千円
代表者 代表取締役 堀江 公仁子
事業内容 ソフトウェアの設計、製造、維持メンテ業務
従業員数 17名
職種 事務職、技術開発・研究職
URL http://www.fair-wind.co.jp/
掲載開始日:2019年3月8日
検索ページに戻る 気になった企業は求人検索
Copyright © Nagoya City All Right Reserved.