本文へジャンプ
メニュー
トップページへ

色の変更
文字サイズの変更
ここから本文です
トップページ企業の魅力発信検索結果一覧 > 企業詳細情報

企業詳細情報

株式会社アーツ

東海4県をフィールドに、ネットワーク設備や保守点検を手がけるアーツ。電気・水道・交通等と並ぶ社会基盤である通信インフラを、24時間365日体制で監視。安全意識の高さでも群を抜いています。

通信インフラを陰で支える技術者集団


安全第一で仕事は進む
 テレビにラジオ、ATM、スマホ、カーナビ、インターネット…。身の周りのあらゆる場面で、音声やデータがやりとりされています。災害時にこうした通信が遮断されると、都市機能が麻痺するのはご存知の通り。株式会社アーツは、NTT系列の日本コムシスを主要元請けとする電気通信工事会社。現代社会のライフラインである通信インフラを、24時間365日体制で保守・運用する技術者集団です。愛知・岐阜・三重・静岡県内の電話局や携帯電話基地局を中心に、ネットワーク装置の導入から電気の供給、点検・メンテナンスまで幅広く担っています。
 技術やサービスはもちろん、安全管理面でも高い評価を得る同社。それを物語るのが、日本コムシスのゴールドパートナー賞で2年連続全国1位に輝いたこと。約300社を対象に、安全・品質向上への取り組みが評価された結果です。「決して特別なことをしているのではなく、日々の小さな積み重ねです」と宮谷社長は控えめに語ります。「当たり前のことをきちんとやり、みんなで改善点を出し合い、毎月の安全会議で情報を共有する。真面目な社員が多いのにも助けられています」。作業中の人身事故はもちろん、絶対避けたいのが設備事故。最悪の場合エリア全域の通信が遮断される怖れがあるからです。さまざまなリスクから人と通信インフラを守り、ライフラインを支える。株式会社アーツの取り組みは昼夜を問わず続きます。

表には見えにくくても重要な仕事


エンジニアリングサービス部 課長 入社23年目 大島 由裕さん
 電話局の内部には、床下から天井裏まで数万本単位のLANケーブルや光ファイバーが走り、ずらりと並ぶスーパーコンピュータに繋がれています。稼働中の機械を横目に仕事するのですから、常に緊張感はありますね。100の局に100通りの設備があり、今でさえ初めて目にする機器も珍しくありません。とにかく覚えることが多く、慣れるまでは大変。でも自分の性格からいって、メリハリのある仕事の方が飽きないし没頭できるんです。毎日に変化が欲しい人、じっと座っているより体を動かしたい人が向いているでしょうね。表には見えにくいけれど、世の中になくてはならない仕事。「俺たちのおかげでスマホ使えるんだよ!」と心の中で胸を張ってます(笑)。

ゆっくり成長して長く頑張ってほしい


代表取締役 宮谷 和憲さん
 電気通信工事は知識と経験がすべての世界です。専門的な技術を取得するのに時間を要するため、1人前になるには最低3年は必要。
だから人材は長い目でじっくり育てていく方針です。まずは道具を覚えるところからスタートし、先輩について現場体験を重ね、徐々に仕事に慣れていってもらえればと思います。1年全力投球して燃え尽きるより、3年ゆるく頑張ってくれた方がいい(笑)。新人の時は指示される側だったのが、キャリアを重ねて教える立場になると、見える世界が違ってきます。「自分の現場」という感覚になってきて、仕事がどんどん面白くなってくる。いつかその世界に到達できるよう頑張ってほしいですね。

企業情報


少数精鋭で東海4県をカバー
企業名 株式会社アーツ
所在地 名古屋市中区栄2丁目10-1 コムシス名古屋ビル2F
創業・設立 1988年
資本金 15,000千円
代表者 代表取締役 宮谷 和憲
事業内容 通信建設業
従業員数 30名(パート含)
職種 総務職、通信技術職
URL http://www.arts-it.co.jp
掲載開始日:2017年12月1日
検索ページに戻る 気になった企業は求人検索
Copyright © Nagoya City All Right Reserved.