本文へジャンプ
メニュー
トップページへ

色の変更
文字サイズの変更
ここから本文です
トップページ企業の魅力発信検索結果一覧 > 企業詳細情報

企業詳細情報

株式会社チップトン

愛知ブランド企業
1939年に研削砥石メーカーとして創業し、1961年には世界初の遠心バレル研磨機を世の中に送り出した株式会社チップトン。以来、持ち前の「発明精神」で顧客の期待に応え続け、日本のものづくりを支えてきました。今日では表面処理分野で絶対的な強みを誇るとともに、食品のコーティング機械などへとその技術領域を拡大させています。

今日も進化を続ける開発型企業のパイオニア


重圧バレル研磨機 Mighty・Mild
 1939年創立当時の同社は、技術力の高さで知られた研削砥石メーカーでした。戦後、米企業からバレル研磨石の試作依頼を受け、翌年には海外輸出を開始。以来、ジャイロ研磨機や世界初の遠心バレル研磨機、振動バレル研磨機など、さまざまな研磨機を独自に開発してきました。今や日本のあらゆる工業製品に、同社の研磨技術が使われているといっても過言ではありません。一方、研磨工程に不可欠の研磨石やコンパウンドの開発・製造も積極的に手がけ、今日ではバレル研磨業界の総合メーカーとして国内シェア65%超を誇ります。
 同社の最大の特徴は、創業時から困難な技術課題に挑戦し、マーケットを開拓・けん引してきたという開拓者精神。保有する産業財産権の数も1240件に上ります。その開発スピリットを象徴するのが「発明5訓」(①発明はだれにでもできる生きる道②発明は行き詰まりが出発点③発明の執念が行き詰まりを突破する④発明は発明を呼んで発明する⑤発明は社会へ還元奉仕する)この5訓は今も同社の企業活動の根幹となっています。
 しかし、発明に関わるのは技術者だけではありません。「営業や事務も含めたあらゆる部門で、課題解決に知恵を使います」(小林史明代表取締役社長)。全社が一体となってお客様に最適な技術ソリューションの提案を行った結果、これまでに取引先は3000社、納入先は7000社という極めて安定した基盤を築きました。2004年3月には、愛知県内の優れたものづくり企業の証である愛知ブランド企業にも認定されました。
 また近年、研磨技術を応用した食品コーティング機械の開発など、同社の事業領域は無限の広がりを見せ始めています。「現在、これまで誰も成功していない新しい加工技術に挑戦しています」(小林社長)と語るチップトン。開発型企業のパイオニアが、次にどんな新技術・新発明で日本のものづくり業界を驚かせようとしているのでしょうか。その挑戦から目が離せません。

新しい加工機の全開発工程を任される喜び


開発部 機械開発室 主任 入社7年目 加藤 海里さん
 ものづくりが好きで、大学では機械工学を専攻。金属加工が部品の精度に大きく寄与することを学び、加工メーカーを中心に企業研究をする中でチップトンに出会いました。
 現在は開発部の機械開発室で、研磨機やコーティング機の開発に携わっています。研磨機では設計や3Dプリンターを用いた試作検討等、コーティング機では仕様検討や実際の製造テストを任されています。たとえばコーティングを行う場合、食材の種類や重量、粒状などによってコーティング槽形状を変える必要があります。そこでシミュレーションを活用し、実際に試作しながら最適な形状を導き出す事で、製品化に結び付けていきます。
 その後、展示会などで自分が開発した機械のプレゼンテーションも行います。開発というのは、かなり多くの人と関わる仕事だなあと再確認する毎日です。
 ゼロからのものづくりですから、常に新しい壁にぶつかります。でも当社の発明5訓にある通り、「発明は行き詰まりが出発点」。当社は私のやりたいようにやらせてもらえるので、まったく新しい機構を試してみるとか、自由にいろんな挑戦をさせてもらえるのが嬉しいですね。
 現在、新しい加工方法の開発に挑戦中。全開発工程を任されています。詳しくは言えませんが、遠くない将来、業界を驚かす新しい加工方法がチップトンから発表できるはずです。

いろんな個性が活躍できる環境


代表取締役社長 小林 史明さん
 チップトンは、従業員がただ「仕事」をするだけの場ではあってはなりません。当社には、さまざまな個性の人材がいます。コツコツと成果を積み重ねるタイプの人もいれば、閃きのアイデアで成果を生み出す人もいます。チップトンは、そんなさまざまなタイプの人材が仕事を通して社会とつながり、誇りや生きがいを持って生活し、成長していく場でなくてはならないと思っています。
 そんな会社としての思いや理念、歴史などを全員に理解してもらうため、当社では人材育成に力を入れています。最も特徴的なのは、全員が複数の社内横断プロジェクトに参加するというもの。これにより、自分の仕事が企業活動の中でどんな意味を持ち、他の部署とどう関わっているかを明確にします。こうして日々の目標を明確にすることで、常に全員が前向きになり、個人の成長と組織の発展を実感できる環境を用意します。
 あなたの自己実現、チップトンで描いてみませんか?

企業情報


新幹線からも見える本社社屋
企業名 株式会社チップトン
所在地 名古屋市南区豊田三丁目19-21
創業・設立 1939年
資本金 100,000千円
代表者 代表取締役社長 小林 史明
事業内容 バレル研磨機、研磨石及び関連自動化装置の製造販売並びに石油化学用触媒担体の製造販売
従業員数 171名(パート含)
職種 技術開発職、営業職、製造・専門職、事務職
URL http://www.tipton.co.jp/
掲載開始日:2017年12月1日
検索ページに戻る 気になった企業は求人検索
Copyright © Nagoya City All Right Reserved.